メディカル英訳入門~「変な日本語」の訳し方とネイティブらしい英語表現のみつけ方~

メディカル英訳に必要な「過不足なく内容を伝える」「読者にとって読みやすい英語」にするテクニックを紹介します。

こんな方にお勧めです

  • メディカルの日英翻訳が初めての方
  • メディカルの英日の仕事経験があり、日英にも広げていきたい方
  • メディカル日英の仕事を始めたばかりの方

コース概要

講座名
メディカル英訳入門~「変な日本語」の訳し方とネイティブらしい英語表現のみつけ方~
配信期間
2021/9/6~2021/9/27
受講料
7,700円(税込)
動画時間数
約70分
受講条件
メディカル分野の翻訳学習経験がある方
申込締切
8/30
動画URL送付
9/6
※資料(PDF)はメールでお送りします。
質問受付期間
9/6~9/27
動画視聴後、講師に質問することができます。回答は2週間以内にお送りします。
※質問はお一人様1問とさせていただきます。

学習内容

メディカル英訳で翻訳者を悩ませる、ツッコミどころ満載の日本語の対処法

日本語というのは英語と比較すると、様々なパーツが欠けていても、主語と述語の組合せが異なる複数の文章が1文に連なっていても、それらしい文章になります。ところが、そのまま英訳すると読み手に意味が伝わらないし、誤訳にもなりかねません。特にメディカルでは、英訳の時に苦戦する、ツッコミどころ満載な文章構造の和文によく遭遇します。その場合の対処法として、まず原文の意味を正しく掴むのが第1ステップ。次に読者(英語ネイティブ)が読みやすい表現にするのが第2ステップ。特に、メディカル英訳では、英文をイチから作るのではなく、よく使用されている表現を「借りる」のがスムーズな英文を作るポイントです。この講座では、第2ステップのためのネイティブらしい英語表現をみつけるコツをお伝えします。また、翻訳能力と両輪にもなるエージェントとのコミュニケーションの取り方もアドバイス。おすすめサイトや教材などもふくめ、キャリアを構築する上で最初のうちに知っておいたほうが良いこともできるだけお伝えしたいと思います。

学習内容

・メディカル英訳の特徴
・メディカル英訳時のポイント
-過不足なく内容を伝える(分解・切り離し、ロジカルに)
-読者にとって読みやすい英語にする(ネイティブが使う表現を探す)
・メディカル英訳テクニック(検索エンジンの活用法/練習問題解説)
・お薦めサイト/教材等紹介
・あなたの評価を上げるコミュニケーション(エージェントとの信頼関係構築)

担当講師

ラーシュ和代
Kazuyo Raasch

日本の物流企業で輸出の手配業務と営業、人材サービス企業で派遣事業とアウトソーシング事業の営業に従事したのち、2000年よりオーストラリアにて留学・語学研修の受入れサービスを運営。2009年の新型インフルエンザによる打撃をきっかけにメディカル翻訳を開始。臨床関連文書、製造にかかわるマニュアル類、GMP査察関連資料、各種社内資料など。

講師からのメッセージ

メディカル分野の日英翻訳とは、クリエイティビティを求めない分、無数のピースをはめていくパズルのようなお仕事。日本語を英語にする段階ではハードルがたくさん。でも、それだけにロールプレイングゲームにも似た感覚があると思っています。興味のある方は是非ご視聴ください。
お申込みの流れ
STEP-1
受講お申込み
推奨環境を必ずご確認のうえ、ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。
※「お申込み」ボタンが表示されない場合は、申込み期間外となります。
STEP-2
受講料と支払方法のご案内(メール)
3営業日以内に、受講料のご案内と、支払方法に関するご案内をそれぞれお送りします。ご希望の支払い方法にて期日までに手続きをお済ませください。
支払方法
■銀行口座への振込(一括)
■クレジットカード:Visa/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club
(ご利用可能回数 1・3・5・6・10回)
クレジットカード
STEP-3
視聴用URL・課題・資料の送付
配信開始日に、ご入金の確認ができた方を対象に視聴用URLと、課題・資料(ある場合)をメールでお送りします。