児童文芸(オンライン)

コース概要

受付開始日
2/1正午
講座名
出版翻訳コース中級 児童文芸(オンライン)
受講期間
2023/4/26~2023/9/6(水曜・隔週×10回)
受講料
102,300円(税込)
時間
18:30~20:30(120分)
定員
16名
受講条件
出版翻訳の基礎(初級)学習経験者※他校でも可
受講条件についてご不明な方はお問い合わせください。
修了規定
全授業回数の7割以上の出席
申込締切
3/29
教材発送
4/11
受講に必要なもの
●受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。
●「Zoomアカウント(無料)」と「マイク・カメラ機能のあるPC/スマホ/タブレット」が必要です。デバイスの推奨環境等はこちらの【システム要件】でご確認ください。
●この講座では原書をKindle版で配布します。Kindleをお持ちでない場合は、ご使用になるPCやタブレットにKindleアプリ(無料)をダウンロードしていただければご覧いただけます。
教材発送日に、Kindle版の金額に相当するギフト券をメールにてお送りしますので、ギフト券を利用してご自分でご購入のうえPC等にダウンロードしてください。
学習相談
講座に関するご質問やご相談を承ります。ご予約はこちら
スケジュールPDF

受講生 仕事のサポート

受講生×出版社 紹介サポート
受講生がリーディングして提出したシノプシス(*)全てを講師が読み、優秀なシノプシスを選抜します。その後、事務局を介して出版社の編集者に該当の受講生をご紹介。出版社からリーディングや翻訳を依頼される道につながります。
(*)日本でまだ翻訳出版されていない作品の原書を読んでレジュメを作成する業務を「リーディング」といい、そのレジュメを「シノプシス」と呼ぶ。

「アメリア」クラウン会員に推薦

講師から「仕事で通用する実力がある」と認められた受講生は、翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員に推薦され仕事のチャンスが拡大します。
クラウン推薦分野:フィクション

学習内容

対象年齢ごとの訳し分けを学ぶ

児童書とは、0歳~20歳くらいまでの読者を対象にした本のことで、「絵本」「幼年童話」「小学生向けの読み物」「ヤングアダルト」のように分けることができます。この講座では、絵本と小学生向けの読み物をテキストに使い、それぞれのジャンルに適した訳し方を学んでいきます。また、児童書を訳す際に必要な「児童書に関する基礎知識」「必読書とされている古今の名作」「児童書の現状」などもお伝えします。

授業の進め方

授業前
授業前日正午までに訳文を提出
(作品によって異なるが、1回の課題範囲は原文2~5ページ程度)

授業当日
数名の受講生が訳文を読み上げたあと、全員でディスカッション
解釈や表現、文章構成について問題があれば、講師が適宜アドバイスし、ディスカッション

録画配信サービス

授業は録画して授業後(翌営業日)に共有します。次回授業前日までご視聴いただけますので、欠席した方は録画を視聴してください。

担当講師

おおつか のりこ
Noriko Otsuka

児童文芸翻訳家。訳書に『シャンプーなんて、だいきらい』(徳間書店)、『モルモット・オルガの物語』(PHP研究所)、『わたしのかぞく みんなのかぞく』 『じぶんのきもち みんなのきもち』(あかね書房)、『レイチェル・カーソン物語 なぜ鳥は、なかなくなったの?』(西村書店)などがある。ノンフィクションの子どもの本の執筆もおこなう。JBBY会員、やまねこ翻訳クラブ会員。

講師からのメッセージ

道ですれちがった親子が、こんなおもしろい会話をしていました。

「パパは、そんなチキンなことはしないからな」

「えっ、チキン? たべたい!」

小学2年生くらいのこの子は、チキンという言葉は知っていても、臆病者という意味があることを知らなかったのですね。

児童文芸翻訳は、このように語彙や知識、経験がまだ少ない読者を対象とするため、他の分野とはちょっとちがっています。今の子どもにつたわる日本語をつかい、他文化の情報を補いながら訳す必要があるのです。

「今」といっても、はやり言葉は避けたいです。読者は、気にいったお話をなんども読んで安心感をえようとします。お気に入りの絵本を、すりきれるほど読んでもらう読者もいます。そんなヘビーユーザーに、薄っぺらい言葉を届けるわけにはいきません。読まれて血肉となる言葉を選びたいものです。

作者も同じ、いや、それ以上の思い入れをもって言葉を選んでいます。どうすれば作者の言葉をきちんと日本の読者に届けられるか。訳して読みあって議論しながら探っていきましょう。

受講者の声

――成人向けの出版翻訳とどう違うのかがよくわかりましたし、原文を理解することの大切さや自分の文章力や英文読解力の足りない部分も理解することができたので、満足しています。

 

――みなさんの訳文を読んだり、当番のときは先生から添削をいただけたりするとともに、授業後に先生の訳文を読むこともでき、自分の訳と読み比べられたのが学びやすかったです。

 

――年代ごとの児童書の工夫ポイントとその理由を、現在の自動翻訳業界の傾向なども含め、細かくわかりやすく説明していただけたので、勉強になりました。
(受講アンケートより)

お申込みの流れ
STEP-1
お申込み
ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。「お申込み」ボタンが表示されない場合は、申込み期間外となります。
会員登録がお済みの方はログインしてお手続きください。登録がまだの方は新規会員登録を行ってください。
STEP-2
受講料のお支払い
お申込みページにて以下のいずれかをお選びください。
特定商取引法対象(受講料が5万円を超えるものであって受講期間が2カ月を超える講座)でない講座はご入金後のキャンセルは一切できません。
■振込(一括):
ペイジー(Pay-easy)をご利用いただきます。お申込み完了後、マイページから収納機関番号を取得しATM等からお振込みください
■クレジットカード決済:
Visa/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club(ご利用可能回数 1・3・5・6・10回)
※お支払い金額が385,000円を超える場合はクレジットカードはご利用いただけません。
クレジットカード
STEP-3
契約書面の送付(郵送)
特定商取引法対象講座(受講料5万円超かつ期間2カ月超の講座)は、ご登録いただいた住所に契約書面を郵送いたします。
海外在住の方は特定商取引法対象外のため契約書面は送付いたしません。
STEP-4
教材の送付(メールまたは郵送)
「コース概要」に記載した教材発送日に教材をお送りいたします。記載がない場合は事前の送付はありません。

お申込み後の受講の取り消しについて

特定商取引法に基づき、「契約書面」お受け取り後、8日以内はクーリング・オフが可能です。
クーリング・オフ期間経過後は受講期間終了日前日までに限り、書面の届出をもって、将来に向かって中途解約を行なうことができます。中途解約が役務提供開始前の場合、受講料の20%(ただし15,000円(法定の金額)を上限とする)の解約手数料をお支払いいただきます。受講料をお支払い済みの場合は、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
役務提供開始後は、法定に基づいた精算方法により算出し、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
※特定商取引法は国内居住者のみに適用され、海外居住者は上記の対象にはなりません。海外居住者が受講途中で国内転居した場合は契約書面を交付いたしますので、事務局にご連絡ください。