芹澤特別ゼミ

コース概要

講座名
出版翻訳コース上級 芹澤特別ゼミ
受講期間
2020/4/7~2021/3/2(火曜・隔週×18回)
受講料
173,800円(税込)
時間
18:30~20:30(120分)
定員
16名
受講条件
・上級「芹澤ゼミ」にて講師推薦を受けた方
修了規定
全授業回数の7割以上出席で修了証書を発行
教材発送
申込締切から2営業日以内に発送
申込締切
3/18
移転のお知らせ
当校は2/25に千代田区麹町に移転しました
スケジュールPDF

受講生 仕事のサポート

受講生×出版社 紹介サポート
受講生がリーディングして提出したシノプシス(*)全てを講師が読み、優秀なシノプシスを選抜します。その後、事務局を介して出版社の編集者に該当の受講生をご紹介。出版社からリーディングや翻訳を依頼される道につながります。
(*)日本でまだ翻訳出版されていない作品の原書を読んでレジュメを作成する業務を「リーディング」といい、そのレジュメを「シノプシス」と呼ぶ。

「アメリア」クラウン会員に推薦

講師から「仕事で通用する実力がある」と認められた受講生は、翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員に推薦され仕事のチャンスが拡大します。
クラウン推薦分野:フィクション

学習内容

プロとしてデビューしている受講生も多く在籍。翻訳者同士の研鑽の場

「芹澤ゼミ」で講師推薦を受けた受講生のみが参加できる特別ゼミ。
授業では、実際に自分が仕事を受けたと想定して訳す姿勢を求めます。ゼミクラスで主に議論の中心となっていた「この文章の何を訳すべきか」という視点からさらに一歩踏み込んで「それをどう表現すれば原文により近づけられるか?」ということもテーマとして取り上げます。ゼミクラス以上に、たっぷり読んで、じっくり訳す講座。プロとしてデビューしている受講生も在籍するレベルの高いクラスです。

授業の進め方

授業前
授業前の決められた日時までに当番が訳文を提出
授業当日
当番の受講生が、訳しづらかった箇所、疑問点を発表し、全員でディスカッション
講師の講評(1回の課題範囲は原文で2~3ページ程度)

担当講師

芹澤 恵
Megumi Serizawa

文芸翻訳家。『フランケンシュタイン』(新潮文庫)、『ハオスフラウ』『密林の夢』(早川書房)、 『フロスト警部』シリーズ、『地球の中心までトンネルを掘る』(東京創元社)、『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』(光文社)、『夜風にゆれる想い』(二見書房)、『クラッシャーズ 墜落事故調査班』(文藝春秋)、『世界を変えた100人の女の子の物語』(河出書房)など訳書多数。

講師からのメッセージ

翻訳も最後には才能の勝負というところがあるけれど、その段階まで努力できればまずたいていものになる――修行中に師匠から言われたこのことばは、今もわたしの座右の銘です。 将来のことを思い悩む暇があったら、まずは読み、ともかく訳す。そこからわかってくること、見えてくるものがあるのではないか、と思っています。読書が大好きという方、大歓迎です。
お申込みの流れ
STEP-1
受講お申込み
ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。
※「お申込み」ボタンが表示されない場合は、申込み期間外となります。
STEP-2
手続書類の発送
お申込み後3営業日以内に「契約書面」と受講料のご案内を郵送します。
STEP-3
受講料のお支払いクレジットカード
「振込(一括)」を選択した方は、8日以内に受講料をお振込みください。
「クレジットカード(VISA/Mastercard® 1回/2回/ボーナス一括)」を選択した方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします。
STEP-4
教材発送
記載の教材発送日に、教材、予習指示(予習がある場合)をお送りします。

お申込み後の受講の取り消しについて

「契約書面」をお受け取り後、8日以内はクーリング・オフが可能です。
クーリング・オフ期間経過後は受講期間終了日前日までに限り、書面の届出をもって、将来に向かって中途解約を行なうことができます。 中途解約が役務提供開始前(開講日前日まで)の場合、受講料の20%(ただし15,000円(法定の金額)を上限とする)の解約手数料をお支払いいただきます。
受講料をお支払い済みの場合は、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。 役務提供後は、すでに経過した授業回数から、法定に基づいた精算方法により算出し、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
※クレジットカードのボーナス一括払いをご利用になられた場合は、決済完了後のご返金となります。