翻訳入門(1)(オンライン)

あらゆる分野で、翻訳の前提と言えるのが「正しい英文解釈」。その鍵となる英文法を強化しながら、正しい翻訳につながる解釈のコツを学びます。

こんな方にお勧めです

  • 翻訳の学習経験がない方
  • 英文解釈力を強化したい方
  • どの分野にも通じる翻訳の基礎を身につけたい方

コース概要

受講期間
2021/10/14~2021/12/23(木曜・毎週×11回)
受講料
118,800円(税込)
時間
19:00~21:00(120分)
定員
12名
修了規定
全授業回数の7割以上出席
教材発送
申込締切から3営業日以内に発送
申込締切
9/29
学習相談
ご予約はこちら
受講に必要なもの
●「Zoomアカウント(無料)」と「マイク・カメラ機能のあるPC/スマホ/タブレット」
下記ページ【Windows、macOS、およびLinuxのシステム要件】または【iOS、iPadOS、Androidのシステム要件】でデバイスの動作環境をご確認ください。
「Zoom公式サイト」ヘルプセンター
スケジュールPDF

同講座の他クラスはこちら

入門翻訳入門(2)(オンライン)

期間
2021/10/16~2021/12/25(土曜・毎週×11回)
時間
13:30~15:30(120分)
講師
松村 哲哉先生
講座詳細はこちら

学習内容

18項目からなる”翻訳のための英文法”で英文読解に強くなる

この講座では、“翻訳のための英文法”という観点から構成されたフェロー・アカデミー独自のテキスト『STEP18』を使用。文法を中心とした18の重要項目を学ぶことで、どんな分野の翻訳にも通じる「正しい翻訳につながる解釈のコツ」をおさえます。受講に必要な英語力は、英検2級以上またはTOEIC650点以上を目安としていますが、この基準に達していない場合でも、文法書を併用することで補強でき、学習効果を高めることができます。
文法が苦手な方はもちろん、大意はわかるけど細かなニュアンスまで理解しているか自信がない、という方にもおすすめです。

みなさんは、英文法の知識に自信がありますか?

下記の例文はステップ15で学ぶ「仮定法の目のつけどころ」に掲載されています。
助動詞の過去形wouldに注意して訳してみましょう。

A man of sense would be ashamed of such behavior.

【×誤訳】分別のある人は、そんな行為を恥ずかしく思っただろう。

この英文は、実は仮定法の文章です。
If節があれば仮定法とすぐに気づけるのですが、実際の英文にはIf節を伴わない仮定表現がたくさん存在し、とかく誤訳の原因となっています。
ここではIf節がそっくり省略されているわけでもなく、Without television = If there were no television のように、前置詞句をIf節の代わりとしているわけでもありません。
なおかつ助動詞の過去形wouldが使われています。
このような場合、このwouldは仮定法のwouldで、主語がIf節の代わりになっていると考え、残りを帰結文として訳すと正しい解釈に基づいた翻訳になります。

【○翻訳】 分別のある人なら、そんな行為を恥ずかしく思うだろう。

テキストで学ぶ英文法の重要項目

  • 英文解釈から翻訳へ
  • 代名詞
  • 関係代名詞
  • 無生物主語
  • 受動態
  • 不定詞
  • 動名詞
  • 分詞構文
  • 時制
  • 完了時制
  • 接続詞
  • 比較表現
  • 否定構文
  • 前置詞
  • 仮定法
  • 会話文
  • 長文
  • 総仕上げ

授業の進め方

それぞれのテーマを、「予習」「授業」「復習」の3段階で着実に習得することができます。

予習
テキストに載っている各テーマの解説を読みます。その後、理解度を図るための「練習問題」を訳して授業に臨みます。
授業
テーマに関する講義のあと、予習で取り組んだ「練習問題」の訳文を発表し、講師からフィードバックを受けます。
復習
復習として別の課題文を訳し、授業4日前までに提出します。講師が一人ずつ添削しますので、習得度の確認だけでなく自分のクセや弱点の把握にも役立ちます。解説は次の授業で行います。

録画配信サービス

授業は録画して授業後(翌営業日)に共有します。次回授業前日までご視聴いただけますので、欠席した方は録画を視聴してください。

担当講師

大沢 満里子
Mariko Osawa

映画、TVドラマ、BS/CS番組などの映像翻訳のほか、小説等の出版翻訳、エンターテインメントや栄養・食品分野の実務翻訳など幅広い分野で翻訳に携わる。

講師からのメッセージ

翻訳に興味がある。その思いは同じでも目指すところは人それぞれでしょう。学生の頃から英語が好きで、今度は翻訳という形で英語を学んでみたいという方。日常の業務で翻訳作業が必要になり、体系的に学んでみようと思った方。そしてプロの翻訳家を目指そうという方。 プロの翻訳家と言っても分野は実務から出版、映像など、さまざまです。どの道に進む方々にとっても、英文法は翻訳をするうえでの土台になるものです。その英文法を「翻訳」という切り口で見直そうというのが、この「翻訳入門」です。違った角度からアプローチすることによって、これまで培ってきた英文法についての理解が補強され、より深く腑に落ちる感覚を味わってもらえればと思います。

受講者の声

学んだことが仕事に活かせていると実感

会社の仕事で必要に迫られて実務翻訳をすることになったのですが、帰国子女なので、学校で文法をちゃんと学んだことがなく、自己流で翻訳をしていました。しかし、仕事で翻訳をするなら、文法の基礎から勉強が必要だと感じて、フェローの「翻訳入門」を受講しました。
仕事と両立していたため、授業の振替ができたことと、ポイントが絞られたテキストで効率的に勉強できた点がよかったです。入門を終えてみて、仕事で使うテクニカルライティングは、文法の理解度と比例して、完成度が高くなるのを実感しました。今でもテキスト『STEP18』は会社に置いてあり、例文がたくさん載っているので仕事にも役に立てています。
まず、実務翻訳のプロになることが目標ですが、絵本も好きなので、出版翻訳も学びたいと思っています。

<田中 麻衣子さん>
中・高校生まではオランダに在住。帰国後大学では心理学を専攻。化粧品会社の海外事業部を経て、IT関連の研究所に勤務。通勤しながらフェローの単科コースに通学。「翻訳入門」を受講後、「実務基礎」を受講。

お申込みの流れ
STEP-1
受講お申込み
ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。
※「お申込み」ボタンが表示されない場合は、申込み期間外となります。
STEP-2
受講料と支払方法のご案内(メール)
3営業日以内に、受講料のご案内と、支払方法に関するご案内をそれぞれお送りします。ご希望の支払い方法にて期日までに手続きをお済ませください。
支払方法
■銀行口座への振込(一括)
■クレジットカード:Visa/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club
(ご利用可能回数 1・3・5・6・10回)
クレジットカード
※他講座との組み合わせによりお支払い額合計が385,000円を超える場合は振込のみとなります。ご了承ください。
STEP-3
契約書面の送付(郵送)
特定商取引法対象講座(受講料5万円超かつ期間2カ月超の講座)は、ご登録いただいた住所に契約書面を郵送いたします。
STEP-4
教材の送付(メールまたは郵送)
「コース概要」に記載した教材発送日に教材をお送りいたします。記載がない場合は事前の送付はありません。

お申込み後の受講の取り消しについて

「契約書面」をお受け取り後、8日以内はクーリング・オフが可能です。
クーリング・オフ期間経過後は受講期間終了日前日までに限り、書面の届出をもって、将来に向かって中途解約を行なうことができます。中途解約が役務提供開始前の場合、受講料の20%(ただし15,000円(法定の金額)を上限とする)の解約手数料をお支払いいただきます。受講料をお支払い済みの場合は、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
役務提供開始後は、法定に基づいた精算方法により算出し、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。