「通学・オンライン講座」 仕事のサポート

「通学・オンライン講座」では、各コースにおいて、身につけた翻訳スキルを仕事につなげるためのさまざまなサポートをご用意しています。
対象講座の受講生は無料でご利用いただけます。
実務翻訳コース
  • 翻訳会社セミナー
    翻訳会社の方を招き、実務翻訳の仕事の種類と需要、トライアル(*)の評価基準と登録後の仕事の流れ、報酬などお話するセミナーです。
    (*)主に翻訳会社が、翻訳者採用のために選考方法として行う試験のこと。
  • 【対象】
    「通学・オンライン講座」初級~上級講座(一部対象外あり)

  • 翻訳支援ツール基本操作講習(動画)
    IT分野を中心にメディカルやビジネス分野でも活用されており、その使用経験が求人の応募条件になることも多い翻訳支援ツール。講習では翻訳支援ツールの目的や基本操作を学ぶことができます。
  • 【対象】
    「通学・オンライン講座」初級~上級講座(一部対象外あり)

出版翻訳コース
  • 受講生×出版社 紹介サポート
    受講生がリーディングして提出したシノプシス(*)全てを講師が読み、優秀なシノプシスを選抜します。その後、事務局を介して出版社の編集者に該当の受講生をご紹介。出版社からリーディングや翻訳を依頼される道につながります。
    (*)日本でまだ翻訳出版されていない作品の原書を読んでレジュメを作成する業務を「リーディング」といい、そのレジュメを「シノプシス」と呼ぶ。
  • 【対象】
    「通学・オンライン講座」中級・上級講座(一部対象外あり)

映像翻訳コース
  • ゼミ限定 映像翻訳トライアル
    映像制作会社が、特別に書類選考ナシで採用トライアルを実施します。トライアルに合格すると制作会社から直接、翻訳の仕事を依頼されます。動画配信サービスが拡大している今、すぐに戦力となれる可能性がより広がります。
  • 【対象】
    「通学・オンライン講座」上級講座(一部対象外あり)