堀川志野舞さん

出版

大学卒業後、出版社でアルバイトをしながら翻訳の学習をはじめる。『シービスケット』(共訳、ソニーマガジンズ)で翻訳家デビュー。3冊目の訳書となる『天国からはじまる物語』(理論社)は産経児童出版文化賞を受賞した。

受講生インタビュー

翻訳家になることが中学生のときからの夢

翻訳家を志したのは中学のとき。YA(ヤングアダルト)小説に出会い、主立った作品を読破してしまうと、日本に紹介されていない海外のYA作品を訳して読んでみたいと思うようになりました。それが、翻訳に興味を持ったきっかけです。そのまま翻訳のことしか考えずに大学を出てしまったので、卒業後は出版社でアルバイトをしながら翻訳の学習を続けました。

フェローに入学したのは、アルバイト先の友人が「フェローの授業はいいよ」と薦めてくれたからです。いろいろなジャンルの作品を扱うということで「出版基礎」から受講しました。授業の一環としてリーディング演習をこなせたことは、大きな自信になりました。修了後は実践クラスに進み、今は田口俊樹先生のゼミに通学中です。

初仕事は「競馬好き」ということだけで、田口先生に映画『シービスケット』のシナリオ本の共訳をさせていただきました。当初は下訳だけの予定だったのに、先生の判断で名前も載せていただけることになったんです。

その後、同じ編集者から『14歳でごめんなさい』、『天国からはじまる物語』の翻訳をいただき、現在は映画『ホテル・ルワンダ』のモデルになった方の自叙伝を翻訳中です。時間がかかると思いますが、「この人の翻訳ならおもしろいだろう」と本を買ってもらえるような翻訳者になれたら、と思っています。

堀川志野舞さんが受講した講座(通学)

初級出版基礎(1)

出版翻訳
期間
2019/4/16~2019/8/27(火曜・毎週×18回)
  • 出版翻訳

上級田口ゼミ

出版翻訳
期間
2019/4/11~2020/2/27(木曜・隔週×20回)
  • 出版翻訳