吉田裕子さん

映像

アメリア経由の求人で採用された翻訳会社で、映像翻訳(韓日・英日)のディレクターとして、翻訳物の演出、チェック、制作工程の管理などを担当。2014年にフリーランスとして独立し、さまざまな映像作品の翻訳、チェックを手がける。

修了生インタビュー

字幕翻訳のディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に。講座で学んだ知識が、日々の仕事で役立っています

学習を始めたころは、「映像翻訳は特別な技術が必要だから自分には無理」と思い込んでいて、出版と実務の学習を中心に進めていました。ところがある時、アメリアの翻訳トライアスロンで映像翻訳に挑戦したところ、面白くてすっかりはまってしまいました。原文を咀嚼して、そのエッセンスを的確な日本語に置換えるという、翻訳の醍醐味が凝縮された分野だと感じたからです。そこで、もともと映画が好きということもあり、迷わず映像翻訳に進む決心をしました。

「マスターコース」で学んだ字幕翻訳の知識は、日々の仕事でとても役立っています。現役で活躍する翻訳者の先生から直接指導を受けることで自分の弱みが明確になり、プロを目指すまでの目標を立て直すことができました。先生には大変感謝しています。また、実際の仕事では出版と実務で学んだ知識が生かせることも多く、遠まわりだと思えた経験が自信と強みに繋がっています。

翻訳会社に入ってからは、映像翻訳のディレクターとして演出やチェックなどを行っていました。プロとして活躍している方の翻訳に触れることができるので本当に勉強になり、自分のスキルも磨ける理想的な環境でした。

現在は映像翻訳者として独立し、劇場公開作を含むさまざまなジャンルの作品を手がけています。今後もコンスタントに仕事を受注しながら、常に作品の魅力を最大限に伝える字幕を作り続けることが目標です。

吉田裕子さんが受講した講座(通信)

マスターコース

期間
6カ月