岩本真実さん

実務

フリーランス翻訳者。大学卒業後、エンジニアリング会社でCAD講師として4年間勤務。2019年からフェロー・アカデミーで翻訳を学び、2022年「翻訳会社ゼミ(臨床試験)」を修了。現在は医薬、通信分野の英日翻訳を中心にフリーランスとして活動中。

受講生インタビュー

翻訳会社による実践的な指導で、講座修了後にメディカルの登録翻訳者として採用

フェロー・アカデミーの講座で初めてメディカル分野の学習をしてから、実際に仕事を始めるにあたり学びを深めておきたいと思っていた時に、「翻訳会社ゼミ(臨床試験)」開講のお知らせがありました。実務経験がなく、なかなかトライアルに挑戦するタイミングが掴めないでいた私にとって、実務に即した実践的な内容が学べるという点と、受講後はトライアルなしで登録翻訳者になれる可能性があるという点に魅力を感じ、まさに必要な講座でした。

講師が翻訳会社の方ということで、講義では「実務においてはどうか、どうあるべきか」というお話を聞くことができ、とても参考になりました。実際に仕事をしてみないとどこまで原文に従うか、どこからどこまで申し送りをするべきかといった感覚を掴むのが難しいと思うのですが、この講座を通して良い予行練習ができたと思います。また、すでにメディカル翻訳の経験がある受講生もいたので、先生の訳例だけではなく他の方の訳も「なるほど、こういう表現をすれば良いのか」と勉強になりました。
それから授業の構成が、前半は課題文の解説、後半はテーマに沿った講義という二部制になっていたのも良かったです。課題を翻訳する際にバラバラに調べていた内容がすっきりまとまって、知識として定着していくのを感じました。

全4回の講義を通して、毎回様々なテーマの文書を訳したことで、臨床薬事の全体的な傾向を把握できました。もちろん実際にはもっと難解で複雑な文章を扱うことになると思いますが、毎回の課題を訳し切り、訳文のチェックや助言、お褒めの言葉をいただいたりしたことで、自分にもなんとかやれるかもしれない、と自信がついたように思います。

修了後、講師の穴見先生から登録翻訳者に推薦いただき、採用となりました。その後、主に治験実施計画書や契約書などの改訂作業をご依頼いただいております。まだ手探りの部分はありますが、今後も仕事と並行して勉強を続け、これが得意だと言える専門分野を見つけたいです。課題の中ではeCRFのインターフェースや医療機器についての周辺情報を調べているときが一番面白く感じましたので、いつかはそうした最新の技術やガジェットに関する領域で活躍できればと思っています。

岩本真実さんが受講した講座(通学)

ベーシック3コース

実務翻訳 出版翻訳 映像翻訳
期間
2024/4/5~2024/7/8(月・水・金)
受講料
385,000円(税込)
  • 実務翻訳
  • 出版翻訳
  • 映像翻訳

中級メディカル

実務翻訳
期間
2024/4/20~2024/7/6(土曜・隔週×6回)
受講料
88,000円(税込)
  • 実務翻訳

上級翻訳会社ゼミ(臨床試験)

実務翻訳
期間
2024/4/17~2024/7/10(水曜・月1回×4回)
受講料
52,800円(税込)
  • 実務翻訳