渡邊 伸子さん

ベーシック3コース実務

外資系企業で秘書として勤務後、退職し、フェロー・アカデミーで翻訳の学習を開始。ベーシック3コース修了後、専門分野に迷っていた時、中級「メディカル」を受講し、メディカル翻訳の道に進むことを決意。その後、上級「翻訳会社ゼミ」受講後にトランスパーフェクト・ジャパンにメディカル分野のQuality Management(校正者)として登録、現在に至る。

受講生インタビュー

講師との出会いで、専門知識ゼロからメディカル翻訳の道へ

本格的に翻訳学習を始めるにあたり、短期間で実務、出版、映像の3分野を学べる点に惹かれてベーシック3コースを受講しました。現在、仕事で携わっているメディカル分野の案件は、治験関係の文書がメインですが、中には医療従事者や研究者向けのウェビナーやeラーニングなどの動画の字幕/吹替案件もあり、映像翻訳の授業で学んだことが役立っています。

ベーシック3コース修了後、医療と社会との関わりに関心があったので、中級「メディカル」を受講しました。医療の専門知識がなく授業についていけるか不安でしたが、佐古先生は基本的な用語の解説や治験文書特有の訳し方など、文系出身の初心者にもゼロから分かりやすく丁寧に教えてくださいました。先生の丁寧で温かいご指導により、メディカル翻訳の基盤となる知識を習得し、その後の方向性を定めることができました。

その後、上級「翻訳会社ゼミ(臨床試験)」を修了後、講座を担当していたトランスパーフェクト・ジャパンからトライアルの案内を受けて合格し、Quality Management(QM:校正者)として登録されました。現在は在宅で主にQMの業務、動画案件では時々翻訳業務も担当しています。QMの業務には訳文の精査に加え、クライアントに納品する文書のレイアウトやフォントを整える作業があります。実際の納品物に近い工程を担当しているという緊張感を持って案件に取り組んでいます。

仕事を始めてみて、翻訳は一生学び続けられる仕事だと実感しています。新規案件のたびに知らない用語に出会い、検索力向上と精度の高いリサーチ力の必要性を感じています。案件に取り組む時には、文書の目的・対象を常に意識し、原文に忠実でありながら、読み手にとって分かりやすい訳文を目指しています。今後は、品質とスピードの向上に努め、QMのプロを目指すとともに、メディカル分野の動画案件の翻訳にも積極的に挑戦したいと思っています。

渡邊 伸子さんが受講した講座(通学)

入門翻訳入門

期間
2024/8/24~2024/11/9(土曜・毎週×12回)
受講料
129,800円(税込)

ベーシック3コース

実務翻訳 出版翻訳 映像翻訳
期間
2024/9/2~2024/12/9(月・水・金)
受講料
385,000円(税込)
  • 実務翻訳
  • 出版翻訳
  • 映像翻訳

中級メディカル

実務翻訳
期間
2024/4/20~2024/7/6(土曜・隔週×6回)
受講料
88,000円(税込)
  • 実務翻訳

上級翻訳会社ゼミ(臨床試験)

実務翻訳
期間
2024/1/31~2024/6/19(水曜・月1回×6回)
受講料
79,200円(税込)
  • 実務翻訳