山西美都紀さん

出版

受講生インタビュー

3冊の単独訳を上梓 ミステリー作品の翻訳で活躍

銀行に勤務していたときに業務で行った翻訳が楽しく、それが学習を始めたきっかけです。翻訳なら一生続けられるとも考え、学習を始めることにしました。興味のあった映像と出版のクラスを受講し、最終的に自分の文章が最も向いていそうなミステリーに絞りました。 中級「出版総合演習」で教わった布施由紀子先生のアドバイスから進むべき方向性を見定めることができました。
現在は、上級のゼミクラスで田口俊樹先生に師事して5年目になりますが、これまでに下訳や短編の翻訳のほか、単独訳でミステリーを2冊、ビジネス書を1冊手がけることもできました。

田口先生の「楽しんで訳してこそ、読者が楽しく読める」「これ以上の訳は出ないと思うまで突き詰めなさい」という教えによって、私の翻訳観は大きく変わりました。私にとっての金科玉条です。もちろん、映像翻訳の講座で学んだセリフの訳し方を始め、これまでの学習すべてが血となり肉となっています。いただいた仕事に全力で取り組み、読者の方に「この人なら間違いない」と思われる翻訳者になれたらと思っています。

本を読むことはもちろんですが、身のまわりの言葉に敏感になることも大切です。きれいな言葉と汚い言葉、標準語と方言、世代別の口調の違い。そういうものも吸収しておくと、必ず翻訳に役立つと思います。

山西美都紀さんが受講した講座(通学)

入門翻訳入門(1)

期間
2019/4/16~2019/8/27(火曜・毎週×17回)

初級出版基礎(1)

出版翻訳
期間
2019/4/16~2019/8/27(火曜・毎週×18回)
  • 出版翻訳

中級出版総合演習

出版翻訳
期間
2019/4/10~2019/9/18(水曜・隔週×12回)
  • 出版翻訳

上級田口ゼミ

出版翻訳
期間
2019/4/11~2020/2/27(木曜・隔週×20回)
  • 出版翻訳